スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦績UP 7月29日

  • 2010/07/31(土) 20:13:22

22時50分
2つの丘
浪速倶楽部
先入れ
b gv 0729

・参加
BIS3、WIZ2、悪魔2、武道1、物理弓1、剣士3

・相手参加
BIS2、WIZ3、雨1、物理弓1、剣士4、DT1

・展開
妨害職が皆無の浪速に対し、こちらは戦い慣れた悪魔武道を擁して挑む
参加職種の違いが、これ程までに顕著に結果へと繋がったGVは初めてだった
開始後、支援をしてしずしず(笑)進軍して、ほぼ中央にて遭遇→戦闘開始
以降の両軍の動きは、中央の入り組んだ辺り~付近の左右開けた平地を、行ったり来たりといった感じ
立て直させないように追って追って、と言うよりは、補給や支援をしながらややじっくりと攻めることを心がけた
この日のゴリ火力は、全て700↑で全て物理という瞬間火力抜群の構成であった為、レクイエムや足止めとの相性が非常に良かった
タゲ合わせがしやすく、妨害職との連携も取りやすいMAPであった事も、突ゴリに有利に働いたように思う

主な火力は、剣士†††骸†††、変態刃物おじさん、LV12、物理弓lorinzer


・結果
大差勝ち

浪速倶楽部の皆さん、対戦ありがとうございました!

スポンサーサイト

戦績UP 7月28日

  • 2010/07/31(土) 13:04:11

22時45分
砂漠
HolyBrave
後入れ
b gv 0728

・参加
BIS4、WIZ2、姫1、悪魔1、武道1、物理弓1、剣士3

・相手参加
BIS3、WIZ3、姫2、悪魔2、武道2、霊術1、物理弓1、剣士2、DT2

・展開
こちらの参加も安定してきて13名だったが、さすがにホリブレ、18名という参加者を集め、シフ武道ペアハンPTを含む3PTの布陣で突ゴリを迎え撃ってきた
基本的な攻撃パターンは、ニケ天使特攻から団子のタゲは悪魔、霊術の竜巻と姫の花投げを撃ち込んでDT2枚、それに加え鯖随一のボトルと対人シフがガツガツ投げ、物理弓や剣士も合わせ撃ってくる
そんな感じ
砂漠の属性低下(大)に加え、途切れることない花投げがとにかく驚異で、前半戦うっかり水Pに変更し忘れていた剣士2人のミラダメを、まともに受けた筆頭BISを、何度も落とされてしまった
明らかなる人為的なミスであり、単純なケアレスミスであり、猛省した
悪魔2人もまた、団子の蓋になっているばかりではなく、良く動き回ってワームを誘ったり、レクを発動させたり裏切ったりしていた
もう邪魔で邪魔で(笑)仕方なかった
悪魔がタゲの団子ではあったが、全く出てこなかったり動かなかったりするのは極一部で、2名のWIZや火力陣を中心に、(イメージしていたよりずっと多く)バラけて向かってきた
以下流れ
序盤戦は、ホリブレの攻撃パターンが決まり、一気に5000点差ほど離される
突ゴリは、少しづつ後方へ引きつつ相手を引き込む形で戦いながら、ホリブレの戦力とパターンを探った
一度大きく引き、物資補給を兼ねて低下対策、狙いどころの確認、悪魔に対する対応の仕方を再確認した
中盤戦、幸運にも追ってきた相手が、補給と支援直しをしているところを発見し、全軍突撃して一気に攻勢に出てそのまま逆転まで行く
終盤戦では特に移動天使に狙いを置き、コルで纏められない残りメンツもちょくちょく落とす

主な火力は、DTの神州連合◎極メ道、蛇口丸、シフのあるみかん、姫のくるま団吉、剣士のxFx
WIZは、神さまの動きが良かった

備考として、戦前にホリブレのGMから当方に霊術参加があるかどうかを確認する旨の耳が入り、(恐らくだが)真空と胴斬りをほぼ全面的に自粛してくれたように思う
双方合わせて30名を超える戦いであるわけで、それだけの参加者に楽しんでもらうためには、互いのGMによる努力や協力が不可欠であるだろうし、参加者各々が、様々な状況を楽しめる精神的基盤を持ち合わせる事が大切ではないかと感じた
b gv 0728 a

・結果
勝ち

HolyBraveの皆さん、対戦ありがとうございました!

b gv 0728 gokudo
お互い楽しかったな!

戦績UP 7月25日

  • 2010/07/29(木) 08:16:49

23時20分
赤い丘
ローマの休日
後入れ
b gv 0725

・参加
BIS5、WIZ2、悪魔2、武道1、物理弓1、剣士2

・相手参加
BIS2、WIZ2、姫1、武道1、悪魔1、知識槍1、物理弓1、剣士1

・展開
PT編成は遠近で分けた
各種支援後モクモクと進軍、中央付近で遭遇して戦闘開始
以降徐々に左下へ押し込む形で戦場が移動していった
開始後1~2回の衝突でこちらの若干レベルの低いメンツを探し当てられ、以降剣士に狙われ続けた
ネクロ化して攻撃を誘い、悪魔になってワームを という相手悪魔の狙いに度々乗ってしまい、機動力を削がれた
相手はBIS2WIZ2が同PTに編成されており、防御力や機動力が高かった為、中盤から私が硬い方のWIZに粘着する事にした
そのWIZも戦闘区域から大きく離脱し、私を釣るような構えを見せた為、利害が一致(笑)したところで2人はポツンと離れて残りのメンバに任せた
以降の展開を見ることはなかったが、Gチャから伺い知る限りは、追って徐々に得点を重ねていったようだった


・結果
勝ち

ローマの休日の皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月23日

  • 2010/07/24(土) 19:46:53

23時
砂漠
エンジョイプレイRS
後入れ
b gv 0723

・参加
BIS5、WIZ4、姫1、悪魔1、武道2、物理弓1、剣士3

・相手参加
BIS4、WIZ3、霊術1、雨1、物理弓1、剣士3

・備考
エンジョイさんとは2日前に対戦したばかりでしたが、22日先入れで対戦決まらず、23日も6時過ぎから夕方まで先入れで決まらなかったために日を置かずして後入れさせて頂いきました
対戦前のGHへの訪問に快く対応していただき、とても助かりました
ハボック少尉さんあごさん並びにメンバーの皆さん、親切にありがとうございました


・展開
新しい仲間が徐々に加わり、なんと参加総勢17名
数年ぶりの3PT編成となった
記録の為に編成内容を上げておく
①BIS1+WIZ1+姫1+武道1+悪魔1+物理弓1(後に武道1が③へ)
②BIS2+WIZ2+剣士2
③BIS2+WIZ1+武道1+剣士1(後に①から武道1を編成)
霊術対策として、近接である剣士の居るPTはBIS2を配置して竜巻に備える
1点突破の火力が居る相手に対して継続した波状攻撃を加えたいという意図で、3つに分けてそれぞれに火力を配置した
効果としては
多方向からの波状攻撃を実現させた事
こちらの移動天使やWIZとPT構成との関係を解り辛くさせ、狙いどころを散らせてPT単位での完全崩壊を免れる事が出来た事
等があった(と信じたい)
案として2PTフル+1もあったが、いかに武道が物理に対して耐久があろうとも、霊術による各種妨害で狙い撃ちされれば詰んでしまう
そこに対してBISWIZを加えたPTを編成してカバーするのなら、火力を加えた遠距離PTで遊撃してもらおうという構成であった
相手の基本戦術は、雨・物理弓・エース剣士・霊術を擁した主力PTとBIS・WIZ・剣士というシンプルな構成の遊撃PTとに分かれ、霊術の真空竜巻を起点に主力と遊撃のそれぞれPTで挟み込んでくる
特にエース剣士と物理弓との連携が破壊力抜群で、機動力が足りなければ一気にPT壊滅の危険がある
真空竜巻恐るべしといった感じだった
霊術に関しては、400手前の恐らく健康寄りで、位置取りは団子の中となる
しかしタゲを任意に指定できる転送順による操作は行っておらず、霊術がタゲ番であった
開戦直後から一貫して霊術を第一目標に据えてアタックし続けたが、中盤戦からは(恐らく)雨アチャのMMMをもらっており、耐久力が上がってかなり苦労した
雨に関しては、こちらが3PTで密集せず、常に細かい移動を繰り返していた事で効果を抑えていたように思う
加えBIS陣の参加がしっかり足りていた事や花投げが無かった事も、効果減少の一因であったと思う
遊撃PTの剣士陣は連携が上手く、全体的な狙いどころを良く見た動きでLAに貢献していた
そして何と言っても破壊力抜群のエース剣士あご
火力の高さや耐久力の高さは言うまでもないが、特に感じたのはタゲの選定と追い込みの厳しさである
序盤で狙いを定め、その後は徹底的に狙い続ける
その選定判断がとても良く、狙いを定めるとタンクラを駆使して逃がさない
この剣士の攻撃目標がギルド全体の意志となって、剣士や物理弓がタゲを合わせてくる
先頭を切り、抜群の攻撃力と耐久力を持ち、的確な狙いで味方を誘導する
私がなりたいと思う筆頭剣士のスタイルを、具現化している人である
ほとんどがこの剣士が絡んだ得点であったと思うが、もう2人の剣士も火力が高くまったく油断する事は出来ない
流れは
相手霊術を真っ先に狙い、数回倒して突が序盤わずかにリードする
中盤に差し掛かり、霊術の耐久が上がった事と、こちらの狙いどころを相手に選定された事で差を詰められて逆転される
終盤に差し掛かり、相手のWIZを始め、火力陣も動きが若干(物資的な要因で?)落ちた事もあり、数に勝る突ゴリのスタミナが功を奏し始め差を徐々に詰め始める
あと数人というところまで迫ったが、惜しくも時間切れにて判定負けとなった
終盤戦になり物資的にも相当苦しかったと思うが、リードを保って総退却なんていう事はせず最後までぶつかり合ってきたエンジョイの戦い方は、個人的に非常に好印象だった

主力は前記事に挙げた3剣士と、物理弓okaiku
WIZのうち1人は前回に比べ耐久が上がっていた印象だった
ここ最近で一番アツくなれた大乱戦であったと思う


・結果
惜敗

エンジョイプレイRSの皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月21日

  • 2010/07/22(木) 13:38:01

22時55分
赤い丘
エンジョイプレイRS
後入れ
b gv 0721

・参加
BIS4、WIZ2、武道2、悪魔2、物理弓1、剣士2

・相手参加
BIS3、WIZ2、悪魔1、雨1(2?)、物理弓1(0?)、剣士3

・展開
総勢13名という嬉しい参加で俄然テンションアップ
構成は弓PTと剣士PTといった感じ
各個支援後進軍して、中央付近で衝突、以後中央の3平面を行ったり来たりの展開
懸念された霊術の参加はなく、ウチとしては理想的な戦い方が出来た
相手は1PTの雨とWIZBISが団子で、火力の高い3剣士と健康ネクロがアタックしてくる
しかしその団子PTがBIS1だったことで機動力が無く、加え当方のレクイエムや裏切りが効果的に発動していた事により、幾度と無くタゲ番のBISを陥落させ得点を重ねた
BIS陥落後のWIZ、雨に対してはレクイエムを継続しつつ、グラの隅を連続クリックしてタゲる事が出来たので、続いて落とすように心掛けた
深く斬り込んでくるエース剣士に合わせ同時に突っ込んでくる剣士のうち、片方にタゲを絞り迎え撃ち、アスヒの切れ目での得点を狙った
1PTにBIS2の機動力はやはり秀逸で、危ない局面を幾度と無く失点せずに乗り切る事が出来た

職種と、数的優位を有効に活かす事が出来た一戦であったように思う

主火力は、文句無しに剣士あご、あと剣士ロイエンタール、剣士わんから
BISはエンブリオが硬く、自由に動き回っていた


・結果
大差勝ち

エンジョイプレイRSの皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月20日

  • 2010/07/22(木) 08:13:36

22時40分
赤い丘
∽アルカナム∽
先入れ
b gv 0720

・参加
BIS3、WIZ3、姫2、武道1、悪魔1、剣士3

・相手参加
BIS2、WIZ3、武道1、物理弓2、剣士2

・展開
最近の募集効果が効を奏し、突ゴリもようやく2PTになった
嬉しい限りだ
久しく悩まなかったPT編成もこれからは上手く組まなければならないが、慌てる事なくこなしていきたい
互いに支援後、中央付近で遭遇し戦闘開始
アルカナムは主力剣士2名が先陣をきり、WIZと姫を徹底して狙い続ける
こちらの狙いは相手物理弓2名だったが、なかなかに分厚い支援に阻まれて仕留めきるのに苦労した
参加した剣士の力量はあまり変わらず、故に剣士同士が撃ち合う局面は少なかった

潤沢なアスヒを掻い潜り得点を挙げるには、狙い所の選定とタゲ合わせのタイミングが必要だが、アルカナムの火力陣はそれが上手い
互いに支援は充足しており、総数では突が上回ったが一歩及ばず
気の抜けない、ややロースコアなナイスゲームだった
団子は無し

主力は剣士pingjingとファンタ君
WIZ3名は連係が上手い

・結果
負け

∽アルカナム∽の皆さん、対戦ありがとうございました!

ボヤッキー

  • 2010/07/16(金) 19:44:14

先日GVがあったんだけど、戦績UPしようか悩む…

悩むなら、せずにおこうかな
結果はギニュー特戦隊に後入れで、負け

あーもー
誰かさあ~

突ゴリで暴れてやるよ!
っていう人とか
私が誰も死なせないからね!
っていう人とか居ないかなぁ…

アンチ・ザ・団子ギルド
突撃ゴリラ部隊は
そんな貴方を待ってます

戦績UP 7月11日

  • 2010/07/12(月) 03:23:41

22時45分
砂漠
じぃ☆
後入れ
b gv 0711 jii

・参加
BIS2、WIZ2、姫1、悪魔1、武道1、物理弓1、剣士2

・相手参加
BIS3、WIZ4、姫1、悪魔1、武道2、霊術2、雨1、物理弓2、剣士2、ドラツイ1

・展開
こちらPT内訳は、武道+悪魔で1PT 残り8名フルという感じ
相手に霊術が複数人確認できたため、第1PTをBIS1で組むことは出来ずに仕方なく武道+悪魔でペアしてもらう事になったが、後述するがこの編成について反省する事になった
展開としては支援後中央少し左で衝突→以降中央の島状のMAPの周りをぐるぐる回る感じで両軍押し引きが続く
スタイルは両軍ともに団子は無し
低レベルの霊術が2人居たが、その人たちでさえ何とか動きながら立ち回ろうという意識がはっきり見て取れた
じぃ側の基本攻撃パターンは、天使によるコール後霊術が真空を放ち竜巻→雨とドラツイを撃ち込みつつ物理弓と剣士が各個タゲを合わせ突っ込んでくる
悪魔は裏切りを主要スキルとし、檻を誘いながら物理と一緒に最前線でうろつく
姫は各戦闘区域で兎を連射
武道はコールBISに粘着しつつシフに変わって少し投げて来る(対人DXU)こんな感じ
序盤はこちらのPT編成が把握されてなかった事もあり、武道悪魔共にそこまで狙われず点差もほぼ同点で進む
突ゴリは中盤にかけて、霊術を最優先に落としてその次にPTアタックという流れで押し勝とうという狙いだったが、①霊術の真空による進軍妨害②リザでは無く蘇生で霊術を起こす③支援枚数の差で倒す<起こす という対応により、霊術を倒した状態でのPT全面衝突はなかなか叶わなかった
じぃは中盤にかけて、突ゴリ第1PTの狙いどころを絞り弓1剣士1WIZ1で特攻をかけて得点をあげる
加え、残りの物理弓とシフ武道と霊術が居る2PT程を、こちらの編成でペアを頼んだ武道悪魔に集中させ、一気に壊滅させる事に成功、以降その狙いを続けて得点を徐々に伸ばしていった
終盤戦になっても流れは変わらず、突ゴリ、じぃ☆両軍ともそれまでの経緯で絞った狙いにタゲを集中させて得点を積み、最後までぶつかりつつ終了した

ウチの武道悪魔の2人については、霊術実装前には実戦で死ぬ事はほぼ皆無であったし、物理攻撃に対する対抗手段がある職なので今回もお願いしたわけだが、霊術実装でこの考えも大きく修正を迫られている事と痛感した
一番、というかほぼこれがある為に上記2職が苦しくなるスキルが「胴斬り」である
次いで「スイッチ」であろうが、対武道悪魔に限ってはまずは胴斬りありきと言っても過言ではない
効果は(ご存じではあろうが)「パッシブの解除、使用不可」である
なぜ武道が死なないか、悪魔が狙われないかを考えれば言うまでもない事であるけど一応書いておくと、武道の「仰け反る」「防御」悪魔の「ワームバイト」というパッシブスキルが解除され、以降数秒~数十秒使用不可にする
真空を撃たれ、範囲攻撃などで分身を消され、スイッチやソウルブレイズで補助をはがされ、胴斬りでパッシブを切られると、当然の事だが「HPのあるただのキャラ」になる
あとは火力集中+竜巻で、700↑の武道でも悪魔でも普通に死ねるっていうスンポー
始めの方でも述べたが、今回のGVではこれによってペアPTが幾度となく被害にあい、また狙われているにも拘らず有効な対策が立てられなかった事が悔やまれるし、大きな課題点として残る事となった
リスクを承知でBISを各PTに分けた方が良かったのではないか、という反省も今更ながらあるし、戦局に瞬時に対応することが求められるGMという職を全うできていない自分に、苛立ちを感じる
とにかくまだまだ自分自身、実戦での経験不足だな
今回に限っては、もっと上手くやれていたはずだった事は間違いない
GMとして、プレイヤーとして、猛省
以下、主に自身に向けて。
「使われるといやだから禁止で」と安易に言ってしまう前に、自軍の有する戦力でどう対応し、どこまで対抗できるかを極限まで問い詰めてみる事もまた、GVをより楽しむために重要な事ではないかと思う
団子をしない事で増すリスクと、しない事による幅広い戦略(大小の動き)をもっと深く多角的に把握し、新たな霊術師という職に対しても同様に、十分な認識を以てこれに当たる
肝に命じる事にしよう

主な火力は、剣士ヴァンフェイト、物理弓シオンハート、アルテマウェポン
支援陣はWIZBISとも、軟めが若干名居た


・結果
大差負け

じぃ☆の皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月7日

  • 2010/07/09(金) 08:13:52

22時40分
赤い丘
HolyBrave
先入れ
b gv 0707 horibure

・参加
BIS1、WIZ2、姫1、武道1、剣士1

・相手参加
BIS3、WIZ3、悪魔2、武道3、霊術1、物理弓1、剣士2、ドラツイ(暴走族)

・展開
戦力差ありありな組み合わせだったが、久しくやってないのもあった為、事前交渉なしでそのまま勝負
相手は2PTフル、もしくは+αほど
序盤戦は互いの戦力確認のような感じで、5000点くらいHolyBraveが先制した辺りで一旦離れる
恐らくこの時点で相手の戦い方が修正されたようで、ガッチリ2PT悪魔団子から、ほぼバラけの悪魔1は蓋を辞める感じにしてきた
投げるシフと、やたらオイラの隣でドラツイを放つ戦士を中心に狙い、何とか戦いの体を保つことは出来た
目立った火力は、剣士xFx、物理弓ラクテウス、対人シフあるみかん、ドラツイの極道ナントカっていう戦士

今回のように大人数vs少人数になった場合、少人数の方は当然厳しいとして、対戦する大人数の側もまた、人によっては難しい戦い方になると思う
手抜きはしたくないだろうし、かといって寡兵に対してなにふり構わずの構えも躊躇われる
参加者が多いという事は、GMの視点から見ればそれだけ多くの人数分の「その日のGV」を楽しいものにしなければならないという一面も併せ持つという事
難しい事だけど、この日のHolyBraveさんは、上手くその辺りのバランスを調整しているように見受けられた
各々の自己判断なのか、GMの指示によるものなのか解らないが、何とかこちらも楽しめるGVであったと思う
また、GV後のGHへの訪問にも快く対応して頂いて、助かりました


・結果
大差負け

HolyBraveの皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月6日

  • 2010/07/07(水) 00:09:28

22時40分
赤い丘
ひよこ戦隊赤レンジャー
先入れ
b gv 0706 hiyoko

・参加
BIS2、WIZ1、悪魔2、武道1、剣士1

・相手参加
BIS3、WIZ2、悪魔2、武道2、霊術1、物理弓2、剣士1、ドラツイ1

・展開
相手は天使3人が活発に動き、落ちる前にPTを動かして失点を防ぐ
移動を含め動き回るのはBISと悪魔と武道と剣士だけなので、確かに耐久性は高かったが4枚居る火力を活かしきれていない印象だった
双方合わせて4人の悪魔が居り、レクイエム、ワーム、裏切りなど盛んに飛び交う
加えて霊術のブレイズ真空竜巻で、戦いにくいし補助剥がれまくる
あのレベルであそこまで妨害出来るもんなら、今更ながらだけど、霊術は脅威だと感じた
万病が必須の戦いをなんとか頭ひとつリードし、自分も無事死亡ゼロで乗りきったな…と油断したら最後の最後でやられてしまったw
しかしなかなか楽しいGVが出来ました!


・結果
勝ち

ひよこ戦隊赤レンジャーの皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 7月1日

  • 2010/07/02(金) 14:03:37

22時50分
2つの丘
ほや
先入れ
b gv 0701 hoya

・参加
BIS2、WIZ1、悪魔1、姫1、武道1、物理弓1、剣士1

・相手参加
BIS1、WIZ1、物理弓2、剣士1

・展開
互いに支援してほぼ中央で衝突、以降ほとんど場所を変えずの戦いだった
両軍共に少人数でなおかつ700↑がほとんど
加えてWIZが硬い為に、膠着状態の続くロースコアな一戦だった
レクイエム対策、タゲられた時の対処、各人のステや装備(これは予想だが)、どれを取ってもそつがなく穴がない
中盤戦以降は、烈火や裏切りを使い何とか勝ちに行ってみたが、耐久の高さや優秀なWIZの働きに阻まれ、始めに空けられた差を、最後まで取り返す事ができなかった

火力の目立ったのは、剣士_とろ_
WIZは、あゅタン
職と人数差で上回っていたにも関わらず勝てなかったのは、やはり悔しかった


・結果
負け

ほやの皆さん、対戦ありがとうございました!

戦績UP 6月30日

  • 2010/07/01(木) 07:18:26

22時50分
2つの丘
∽アルカナム∽
後入れ
b gv02

・参加
BIS2、WIZ2、悪魔1、武道1、剣士1
b gv01

・相手参加
BIS2、WIZ2、姫1、武道3~4、物理弓2、剣士2、ドラツイ1

・展開
途中落ちた為、相手参加は少し曖昧だが、やはり武道が多かった
こちらの柔めWIZをがっちり狙われるが、こちらも柔めの姫ドラツイを先に狙う
両軍入り乱れ、取って取られての戦闘になるが、残念ながら鯖落ち

火力が目立ったのは、剣士pingjing、ファンタ君、物理弓☆ラバウル☆と言ったところ
是非仕切り直しで再戦したい


・結果
ゲームサーバーの負け

∽アルカナム∽の皆さん、対戦ありがとうございました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。