スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦績UP 12月7日(GVG鯖)

  • 2010/12/08(水) 17:08:24

22時10分
2つの丘
気楽堂(黄鯖)
後入れ
b gvg 1207

・参加
BIS3、WIZ4(1名途中鯖落ち)、武道2、物理弓1、剣士3

・相手参加
BIS4、WIZ5、武道3、霊術1、物理弓2

・展開
22時台前半という事で集まりはなかなか良かった
支援後進軍、中央手前で接敵、交戦となった
まず印象的だったのは、支援職のきっちり揃った突ゴリを上回る相手の支援陣の数
そして武道3名によるWIZBISへの張り付き
加え恐らくレベルが高いと予想される霊術師の存在だった
この霊術師、レベルは不明だがとにかく硬く、常に霊術で立ち回る健康純霊術師だった
気楽堂の狙いとしては霊術で支援をはがして武道で支援を止め、各個タゲ合わせで落とすといった感じだったであろうが、火力の枚数が後半に投げ出してきたシフ1名を含めても3と、決定力に欠いたと思う
突ゴリの狙いもほぼ同じで、武道によってWIZを妨害し間隙を縫って火力陣のタゲ合わせで各個撃破だったが、2PT編成に5WIZという壁は厚く、決められず仕舞い
双方火力+妨害の人数が6名づつという事で、攻撃力の面では拮抗していたと思う
攻撃力は、単純に火力の枚数のみではなく火力+妨害の合計で表されると思っている
支援の面ではやや気楽堂が上回っていたが、相手攻撃枚数6に対し途中落ちで-1になったとは言え6名が揃った突ゴリ支援陣の踏ん張りもあり、失点を許す事は無かった
互いに我慢比べで物資もギリギリの状態ではあったが、得点も失点も無くスコアレスドローとなった
ただの一度もミスする事が出来ない緊迫した一戦であった


・結果
引き分け

気楽堂の皆さん、対戦ありがとうございました!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

紅志にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。